Cure School Refugeの独自技術 | 心と身体のバランスを整えるリフレクソロジー

Cure School Refugeの独自技術

リフレクソロジー(refiexology)の語源はreflex(反射)+logy(学問)。一般的には「反射療法」と言われています。
日本では足裏健康法として認知度も高く、民間療法の一つとして確立されています。
Cure School Refugeでは、一般的な「英国式リフレクソロジー」と当校の独自技術である「中国式リフレクソロジー」もお教えしております。

Refugeの2つのリフレクソロジー

疲れた心と身体をリフレッシュさせるために色々な方法がありますが、今一番注目されているのが、「リフレクソロジー(refiexology)」です。
リフレクソロジーとは、第二の心臓と言われる足裏の反射ゾーンを指で刺激することで血液やリンパの流れを改善し、人間がもともと持っている自然治癒力を高めてくれる健康法です。
Cure School Refugeの「英国式リフレクソロジー」はリラックスされたい方に、「中国式リフレクソロジー」は体質を改善したい方にと、お客様のご要望にお応えする施術をしてあげることができます。

中国式リフレクソロジーとは?

代表 中川広美がサロンに来店されたお客様10,000人以上もの足の研究を重ね、考案した中国式リフレクソロジーは、癒しやリラクゼーションにとどまらず、積極的に体質改善や健康、病気予防を求めています。
指だけを使い、足指・足裏をもみほぐしていき、施術後の効果を最優先に考えています。
この足指をもみほぐす、中国式リフレクソロジーには、指への刺激効果により、臓器の活性化、血行促進、新陳代謝UPと人間が本来持っている自然治癒力を向上させます。
女性に多い悩みの冷え症、むくみ、肩こり、便秘、肌荒れなどの不調の改善に効果があり、また体の免疫力、抵抗力も高まるので、病気の予防にも効果的です。

リフレクソロジーの身体への効果

リフレクソロジストが直接的に症状を治すのではなく、足指、足裏をもみほぐすことで各器官を活性化させ、さらに免疫力、抵抗力、自然治癒力を高めることで、体のバランスが保たれ、体を正常な状態に近づけようと自分自身の力が作用されます。

Cure School Refuge(略称CSR)のスクールコース

 

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ