心の距離 | 心と身体のバランスを整えるリフレクソロジー

心の距離

【心の距離】

親しくなればなるほど
気をつけないといけない。

会うたびに新鮮な刺激を与えてくれる人は、
心の距離をとるのが上手。

心の距離は川の流れのようなもの。
川の向こうに自分以外の人がいて、
川幅が自分と相手との距離。

この川幅は、関係の密度によって広くなったり、狭くなったりする。

ほとんどの人は、親しい間柄になると、

その人により近づこうして、
川に橋を架けようとする。

その人の世界に興味があったとしても、
絶対に川に橋を架けてはいけない。

『深入り』はダメ。

相手のことをもっと知りたいと急ぐ気持ちに押され、橋を架けて向こう岸に行ったら、
その人の嫌なところが見えてしまったり、逆に相手が土足で自分の世界に踏み込んできたり。

川のせせらぎや鳥のさえずりを聞けるのも、お互いの間に程よい距離があるから。

親しくなればなるほど、
相手との距離をとることを意識する。

親しくなるにつれて、
川の幅は徐々に狭くなってくる。

川幅が狭くなりすぎると
必ず相手に対して不満が生まれる。

馴れ合いになってきたと感じたら、川幅を少ーし広くして、距離を保とう♪

逆に川幅を縮めて付き合ってはみたけど、
合わない人だと感じたら、
意識して距離をおけばよいだけのこと。

いい距離感での人とのお付き合いは
いつも新鮮♡

決して誰でも良いわけではない。

素敵な一日を。

 

 

 

Related post

サブコンテンツ

このページの先頭へ