体質改善したのに妊娠しないのはなぜ?

目は口ほどに物を言う」といいますよね?

心の状態は必ず、身体にでます。

心と身体は繋がっているんですね。

そして心の状態が、妊娠の鍵を大きく握っているのです♪

ストレスを抱える女性は、妊娠しにくいという研究結果が数年前に米国で発表されています。

東洋医学や漢方などの観点からは、体質改善は3ヶ月を要するとされています。

体質改善はできても何故、妊娠する事ができないか?!

それは、心の状態が妊娠を受け入れる状態になっていないのですね・・・

身体に何も問題はなく、医療の力を借りて同じ治療をしても妊娠できる人とできない人がいるのは心の状態が違うからなのよ・・・

日本は昔から「頑張る」事が美学とされてきました。

結果を出せない人は、駄目だと批判されてきたのですね。

たがら頑張れない(結果を出せない)自分を、自分は駄目な人間だと責めてしまうのです・・・

心はゆっくりしたいのに、意思の力で頑張ってしまうと心がよそを向いてしまう!

そして、頑張れば頑張るほどにうまくいかなくなってしまうのが脳と心の仕組みなのですね・・・

妊娠を望み頑張る→結果が出ない→焦りや悲しみ怒りを我慢してしまう。

もしくは、他者にぶつけてしまう。

そんな自分を駄目だ、と更に自分を追い込んで自分を責める。

でもね、
心が苦しくて何もかも楽しめないぐらいに追い詰められている自分を責めても、

何も生まれません・・・

妊娠しやすい身体作りのために、心を整える事は必須です。

その為にはまず、ネガティヴになってしまう自分も許してあげましょう。

苦しくてパートナーに感情をぶつけてしまう自分も。

頑張りたいのに、頑張れていない気がする自分も。

人からの目を気にしたり、泣いたり怒ったり羨ましがったりする自分も。

全部丸ごと、認めて許してあげるんです。

そして決して、自分を責めない。

ネガティヴは誰でもなります、人間だから。

ネガティヴにならないようにするのではなくて、どう変換していくがが大切なんです。

お客様から頂いたメッセージを一部抜粋します。

ひろみ先生、おはようございます。

昨日も悩みをたくさん聞いて下さりありがとうございました。

ひろみ先生の言葉と笑顔にいつも、元気をもらってます。

ひろみ先生のおかげです。

昔から苦しいとただ我慢ばかりだったので、
「毎日幸せ〜」と思えるように自分を満たすことからコツコツやっていこうと思います。

これからもよろしくお願いします。

心を整えるには、まずは自分を許すことから始めましょう。

そして我慢しなくていいし頑張らなくてもいい、もっと自分に優しくなっていいんです。

あなた自身を満たしてあげましょう。

Refugeの独自技術「妊活リフレ」は、
足指を刺激することで内臓を活性化し、身体の中で熱を作るのですが・・・

内臓が冷えていると、老廃物の排出がしづらい状態にあります。
せっかく良いものを食べても内臓が冷えていると効き目が弱いのです。
「妊活リフレ」は、心と身体のバランスを取りながら内臓をしっかりと温める事ができます。

さらにポイントは、リラックスできる心のケア。
内臓の働きだけを良くしても、心のケアができなければ、母になる心が身につきません。

当サロンの「妊活リフレ」は、
心理カウンセラーの資格を持つセラピストが7回の妊娠を踏まえ、心のケアもしていきます。

ポカポカ温めながら、肩の力を抜いてくれてリラックスさせてくれます。

妊活に疲れや不安を感じる心のケアも同時にできますよ♡

心豊かになる方法をサロンでも、しっかりお伝えしていきますね。
妊娠できる心と身体になる妊活リフレ体験会

リフレクソロジスト いろは【中川広美】
1977年生まれ 四姉妹の母
内向的な幼少時代。身体を動かすことが好き。
学生時代はハンドボールに明け暮れる。
将来は、美容師と決めていたが、スイミングインストラクター、スポーツインストラクターと「好き」が仕事となる。
1997年大手エステ業界(株)RBMに入社。
健康美に携わり、運動学・食事・心理学・反射学を身につける。
2001年リフレクソロジー専門店Refuge開業。
2011年体温を1℃上がるリフレクソロジーとし、『温活』に特化する。
2013年自身の経験から【35歳からの妊活】講座を始める。
2015年第四子出産をはじめ、妊活受講者30名が出産へと導く。
妊活奥様、2人目ベビ待ち、マタニティ、産後ママ、育児相談などなど
先輩ママとして、悩み多きママさん方にご利用頂いています。

体温が一度上がるリフレクソロジー専門店
〜Refuge〜
富山県富山市富岡町86
ノーヴァ102号室

09023784466
お電話でもお問い合わせ可能です。

 

 

 

Related post

サブコンテンツ

このページの先頭へ