梅雨時期にしておきたいこと

この時期に起こる体の不調を無視していませんか?
雨の日が続くと体がダルイ・むくむ・重い・頭痛や昔の古傷が痛む、下痢やお腹の調子が悪い、風邪をひくなど。
どんよりジメジメとした湿気の多い季節は健康な方でも何かしら不調を訴えることが多いでしょう。
家の中もカラッとせず気分もなんだか重くなりますよね・・・

夏になるまでの季節の変わり目ですので体調を崩しやすい時期でもあります。
本格的な夏を迎えるため、この時期の過ごし方は特に重要になってきます。

できるだけ体の声に耳を傾けて過ごしたいもの。
梅雨の季節に特に感じやすい体の不調の表れのひとつとして「むくみ」があります。
むくみに特化して梅雨時を軽やかに過ごせる方法をご紹介しますね。

梅雨の季節に起こるむくみと不調の原因

約1か月半にも及ぶ梅雨の季節。
東洋医学ではこの季節のことを「湿邪」といいます。

『湿邪』とは文字通り「湿気の邪気」のこと。
外部の湿気が多いと、水でほとんどを占めているわたしたちの身体はうまく体温調整が図れない、
発汗できないという理由から新陳代謝の乱れが生じます。

体の中で滞った余分な水分は、この季節のエネルギー(氣)の向きである体の下部に移行していきます。
これがいわゆる「むくみ」

この状況がつくられると体の中でうまくエネルギーが回らず血液循環が低下し、
次第にさまざまな体への影響が現れ梅雨特有の不調へと発展していくのです。

多い症状としては、膀胱炎・性器トラブル・食欲不振・冷え・めまい・頭痛・自律神経の乱れ・皮膚炎・鼻炎の悪化など。

毎日の食べ物にも不調を加速させる原因が潜んでいます

体の不調とむくみになる原因は季節のせいだけではありません。
日頃好んで口にしている食べ物にも、
この梅雨特有の不調を加速させる原因が潜んでいる可能性があります。

甘いものが大好きな方には耳が痛いと思いますが、
砂糖やフルーツの摂りすぎによる体内の陰陽のバランスの崩れが様々な不調の原因になっている可能性が。

むくみは目で見てわかる足や手や顔だけに現れるものではなく内臓にも同じ反応が現れています。
砂糖の性質として水分をためこむ、膨張させる、という働きが体内で起こっているのです。

体内で水分が滞ると湿気に弱い胃・脾臓が影響を受け、先に述べた症状に加え消化不良や胃・お腹の不調とつながります。

なので、むくみでお悩みの方は中指を揉むととても痛みを感じていらっしゃいます。

体に溜まった余分な水分を出す食材

体の中に余分な水分がある状態の体質ことを「水毒」と言いますが、
水毒の方は特に梅雨の季節に影響を受けやすくなります。
梅雨の時期だけではなく、雨が降るとなんとなく体調が優れない、
頭が痛くなると言った症状がある方は水毒を疑いましょう。
体内の「水はけ」を助けてくれる食材をご紹介しますね。

1.梅干し・梅酢
血液をきれいにする・抗酸化作用

2.切り干し大根
デトックス効果・動脈硬化予防

3.甘みのある野菜(キャベツ、にんじん、たまねぎなど)
むくみ防止、クーラーによる冷え対策。

4.ハト麦
利尿作用・便秘予防・むくみとり

5.海藻・キノコ類
血液浄化・デトックス・免疫力を高める

などがあります。
Refugeでは足の状態から内臓の働きをみていき、
体質にあった改善方法をご提案。
また、ご自宅でも簡単にできる足指ケアをマスターしていただきます。

Refuge自慢の温活リフレ。
足指を揉みほぐし、内臓を感性的に刺激。
それによって体の中から熱を作り出し、平熱が一度上がります。
免疫力を高め、疲れにくい身体をつくります。

温活リフレを体験してみよう
人生がガラッと変わるリフレクソロジー

体温が一度上がるリフレクソロジー
〜Refuge〜

 

 

 

Related post

サブコンテンツ

このページの先頭へ