空から見てやってきた?!〜子供ができる過程〜

そろそろ子供が欲しいと思って妊活をスタートしたものの、
なかなか授からずに焦りを感じている人もいるのではないでしょうか。
子供ができないカップルは10組に1組とも、5組に1組ともいわれており、
とても難しい問題となってきています。

子供ができるまでの過程

1. 卵子の成長
女性の卵巣のなかには、卵子の元となる「原始卵胞」と呼ばれる細胞があります。
毎月女性ホルモンの影響を受けて、20~30個ほどの原子卵胞が成長し、
このうちの1つが成熟して排卵されます。

2. 排卵
成熟した卵胞の膜が破れ、なかから卵子が飛び出します。
卵巣の外へ出た卵子は卵管采に吸い上げられ、卵管へと送られます。

3. 精子と卵子の出会い
男性の精巣で作られた精子が、性交によって女性の膣内に射精されます。
膣内には約1億個の精子が送られますが、そのうちのほとんどは死滅し、
残された数十~数百個の精子だけが卵管に到達して、卵子と出会います。

4. 受精卵の形成
卵管にたどり着いた精子は、卵子を取り囲む「顆粒膜細胞」を溶かして卵子のなかに入り込みます。
そして、最終的に残った1個の精子が卵子と結合し、受精が成立します。

5. 受精卵が着床
受精した精子と卵子は受精卵となり、細胞分裂を繰り返しながら、
6~7日ほどの時間をかけて卵管を移動し、子宮へとたどり着きます。
そして、子宮内膜に着床して、根を張ります。

着床するとどんどん細胞分裂が起こり、少しずつ赤ちゃんへと成長していきます。

次回は子供ができない理由をお伝えします。

妊娠できる心と身体になろう♡はこちら

 

 

 

Related post

サブコンテンツ

このページの先頭へ