秋バテ防止に今からやるべきこと | 心と身体のバランスを整えるリフレクソロジー

秋バテ防止に今からやるべきこと

夏は冷たいものを食べたり飲んだりするので、胃腸がくたびれています。

それに加えて、体は冷房に慣れてしまって慢性的に冷えている状態。

なので、弱った胃腸を元気にして、体を温める食事をするのが秋バテ対策に効果的。
1) 消化しやすい食事

まず気を付けたいのは、弱った胃腸に負担をかけない食事をすることです。

おかゆはもちろんのこと、雑炊や柔らかく茹でたうどんなどがおすすめです。

また、トッピングはキツネなどのさっぱりしたものを選んでくださいね。

美味しいですが、天ぷらは胃に負担がかかりますよ。

2) 体を温める食事

唐辛子やニンニクなどでも体は温まりますが、刺激物なので避けてくださいね。

生姜や温野菜のスープなど、体の芯からゆっくり温まるような食事を心がけましょう。

3)旬の食材を使った食事

夏の間は、キュウリやスイカなど、体を冷やす食べ物が旬でしたね。

秋に旬を迎えるサツマイモやシイタケなどは、消化を助け、体を温めます。

季節の食べ物を上手に食事に取り入れて、体を秋に慣らしていきましょう。

以上の3つを心がけて、夏の終わりを上手に過ごせば、秋バテとは無縁に過ごせます。

3食1度にまとめて食事を変える必要はありません。

秋にむけて、朝のコーンフレークを温かい雑炊にしたり、夕食のスープを豚汁にかえてみたりなど、
ちょっとした工夫で随分と体調は上向きになっていきます。

 

 

 

Related post

サブコンテンツ

このページの先頭へ